【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」

 

【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」
9月19日、東京国際フォーラムにてマイクロソフトによる次世代 Web カンファレンス「REMIX07 TOKYO」が開催された。世界 17 都市で開催が予定されている本イベントは、日本では今年が2回目の開催となる。
本記事では午後に開催されたパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」の様子についてお伝えしたい。
パネルディスカッションには、セカンドライフユーザー向けSNS「NaviSL-SNS」を運営するゴールドフィッシュ株式会社代表取締役社長の大里安弘氏、株式会社野村総合研究所主席研究員の山崎秀夫氏、日本発の3D仮想空間プラットフォームを提供する株式会社スプリューム取締役社長の梶塚千春氏が登壇した。モデレーターは「セカンドライフの達人」(翔泳社)の著者であるメタミックス増田真樹事務所の増田真樹氏が務めた。
【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」
梶塚千春氏(株式会社スプリューム取締役社長)
【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」
山崎秀夫氏(株式会社野村総合研究所主席研究員)
【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」
大里安弘氏(ゴールドフィッシュ株式会社代表取締役社長)
【速報レポート】REMIX07 TOKYOパネルディスカッション「仮想世界とは何か?その実像と将来の姿に迫る」
増田真樹氏(メタミックス増田真樹事務所)
セカンドライフなどの仮想世界が注目を集めている現状について、山崎氏は「これまでブログやSNSなどの非同期なコミュニケーションはあった。これに対して同期の性格を持つ仮想世界サービスが新しかった」と話す。しかし同時に「ただそのため、ユーザーを導入するための(手段としての)コミュニケーションという意味では(非同期コミュニケーションに比べて)弱い」と、同期性を持つコミュニケーションの限界を指摘した。
しかし、現在の仮想世界サービスの特徴のひとつである同期性については「場の共有」がより強く感じられるなど、メリットとなる面があるのも事実だ。増田氏はこの点について「(現実世界のイベントに比べて)セカンドライフのイベントは観客の反応がすぐわかる」と話す。また、大里氏は企業からセカンドライフ内に建物を建てたいとの要望を多く受けるというが「建物を建てても人は来ない。会員サービスの付随サービスとして会員同士のコミュニケーションの場を提供するのが効果的なのではないか」と、SNSなどとはまた別のコミュニケーション方法としての活用を示した。
この文字情報に依らないコミュニケーションの可能性には、梶塚氏も「仮想世界を始めたのは『イマジネーション情報を共有したい』というのが最初。」というように、より感覚的な場・情報の共有手段として仮想世界は期待されているようだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.