中国のメタバース企業HiPiHi社CEOが起業家・投資家向けフォーラムに登壇

 

9月12日、東京の明治記念館にて、日中の起業家・投資家、学術研究機構やベンチャー関連の専門家などを対象とした「中国ベンチャーキャピタルフォーラム」が開催された。中国のメタバースサービス企業HiPiHiのCEO、許暉氏もパネリストとして参加。起業家としての考えを語った。
中国のメタバース企業HiPiHi社CEOが起業家・投資家向けフォーラムに登壇
SBIホールディングス代表取締役CEO北尾吉孝氏は「中国で将来の世界一企業を探す」と題した講演の中で、「安価を原動力とした世界の工場からの脱却が図られようとしている」と語り、投資対象として有望な5分野のひとつに「通信・IT産業」をあげた。「中国のネットユーザー数の伸びは先進国を上回っており、ブロードバンド率も高いが、普及率はまだまだ。この事実は今後の爆発的な普及を予感させる」と中国市場への期待を語った。
中国のメタバース企業HiPiHi社CEOが起業家・投資家向けフォーラムに登壇
その後に行われたパネルセッション「中国の次世代企業家の新思考」にHiPiHi社の許暉氏が登壇し、企業家としての様々な考えを語った。
投資家との理想的な関係について同氏は「起業家の夢を共有できること」をあげた。「まず、起業家の理想や夢を認めてくれるか。投資家にとって起業家は投資の対象であるが、同じ道を歩めるかが重要だ。お互い補完しあい、お互い利益が出る関係でなければいけない。尊重しあい、育てあう関係でありたい」と、理念の共有を重要事項として挙げた。
中国のメタバース企業HiPiHi社CEOが起業家・投資家向けフォーラムに登壇
さらにその後のパネルディスカッション「日本投資家の中国市場への挑戦やチャンス」では8月にHiPiHi社への投資を発表したngi group代表の小池聡氏が登壇し、事例をあげながら自社の投資姿勢について語った。「(成長期を終えた)レイターステージへ投資ではなく、(起業の初期である)シード期からアーリーステージへの投資を行っている。また、自分たちがかかわることで共にメリットがあるかが大事だ」
パネルディスカッション後半の質疑応答中にも会場参加者による自社アピールがされるなど、強い熱意が感じられるフォーラムとなった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.