読売広告社、セカンドライフ支援ビジネスを開始

 

読売広告社、セカンドライフ支援ビジネスを開始
株式会社読売広告社が、セカンドライフの企業向けの導入コンサルティングや企業専用のSIM構築・運用、プロモーションなどを行い、セカンドライフ支援ビジネスを開始すると発表した。既にセカンドライフ関連サービスを手がけているモバイルファクトリーと協力していくとのこと。
読売広告社は6月14日より戦国時代がモチーフのSIM「SENGOKU」を開設、城下町部分を一般開放し、各種アイテムの販売や川柳大会やダンスパーティなどのイベントを開催していた。
読売広告社は今回の企業支援サービス開始に伴い、昨日10日に仮想ブランチ「YOMIKO城」をオープン。今後はこのYOMIKO城を通じて使用したプロモーションの受付や、テレビやWebサイトなどの他媒体とも連動したプロモーションを企画するとしている。
「SENGOKU」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/SENGOKU/128/128/0
関連記事:
SENGOKU、城郭グランドオープン記念で川柳大会を開催
株式会社読売広告社
http://www.yomiko.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.