デジハリ、宮城県との『デジタルコンテンツ産業振興等に関する包括協定締結式』を開催

 

デジタルハリウッド株式会社(以下デジハリ)が、9月13日の14:00より宮城県との 『デジタルコンテンツ産業振興等に関する包括協定締結式』を開催すると発表した。セカンドライフも連動して生中継されるとのこと。
デジハリと宮城県は、急速に市場が拡大するデジタルコンテンツ分野において、高度人材育成などの取組みを確固たるものとし”富県宮城”の実現を図るため、「デジタルハリウッド株式会社と宮城県とのデジタルコンテンツ産業振興等に関する包括協定」を締結するとのこと。
締結式当日は、村井宮城県知事とデジハリの藤本社長の2人のアバターがセカンドライフ内で締結式を行い、その様子を会場内で同時中継する。知事がアバター姿でセカンドライフ内に現れるのは国内では初の試み。
締結式の概要は以下のとおり
開催日時:2007年9月13日(木)14:00より
開催場所:デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス
http://www.dhw.ac.jp/access/index.html#akiba
(交通アクセス)JR、日比谷線「秋葉原」駅徒歩1分、
銀座線「末広町」駅徒歩5分、つくばエキスプレス「秋葉原」駅徒歩3分
出席者:宮城県知事 村井嘉浩
デジタルハリウッド株式会社 代表取締役社長 藤本真佐
内容:
(1)包括協定趣旨説明
(2)協定締結
(3)あいさつ(村井知事及び藤本代表取締役社長)
(4)記者会見
(5)その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.