ニュース 国内ニュース

ユニセフ、八国山アイランドに「バーチャル・ユニセフハウス」をオープン

投稿日:

ユニセフ、八国山アイランドに「バーチャル・ユニセフハウス」をオープン
財団法人日本ユニセフ協会が、セカンドライフのNPO支援SIM「八国山アイランド」内に「バーチャル・ユニセフハウス」をオープンした。
「バーチャル・ユニセフハウス」は、日本ユニセフ協会にある「ユニセフハウス」をモデルに、ユニセフの活動や世界の子どもたちの現状を知らせる広報活動を行う施設。
ハウス内では、様々なアバター用オリジナルアイテムが無料配布されており、緊急災害用の募金箱を設置しリンデンドルでの募金を受け付けている。集められた募金は全額日本ユニセフ協会に寄付され、ユニセフの活動運営資金に充てられるとのこと。
現在施設内で行っている募金活動は、「スーダン・ダルフール募金」「アフリカ緊急募金」「HIVエイズ募金」「通常募金」「緊急募金」の5種類。
他にもバーチャル・ユニセフハウスでは、ユニセフの活動に関するパネルの設置や映像の配信も行っている。
尚、同じ八国山アイランド内にある「淵の森グリーントラスト」が6月末で一旦終了していたリンデンドルでの募金活動を再開した。
現在、東村山市にある「淵の森」の公有地化をめぐり市と不動産業者側との交渉が価格面で頓挫している。そのため、「淵の森」の公有地化の実現のために募金を再開したとのこと。
「バーチャル・ユニセフハウス」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Hachikoku%20yama/170/110/27
財団法人日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/
八国山アイランド公式サイト
http://www.hachikokuyama.net/

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.