メタバーズ セカンドライフ内に特化したコンサルティング営業プロセス(MCSP)を採用

 

株式会社メタバーズが、3D仮想世界内に特化した「メタバース・コンサルティング営業プロセス (Metaverse Consulting Sale Process、以下MCSP)」を9月より採用すると発表した。
MCSPとは、セカンドライフ受託開発に関する見込み顧客からの問い合わせに対して、ヒアリング、見積もり制作、提案プレゼンテーション、ミーティング、納品等に至るまで、コンサルティング営業プロセスを一貫して全てセカンドライフ内の音声チャット、インターネット、メール等を利用して行うというもの。
従来の紙ベースで行っていた提案プレゼンテーションに対して、3Dでミニチュアモデルを制作し、実物を360度で確認しながらダイナミックなプレゼンテーションが行え、全国・全世界のSOHOスタッフのバーチャルネットワークによるコンサルティング営業活動を進めることで、営業活動にかかる費用や人件費、地代家賃等の固定費用を大幅に削減できるメリットがある。それにより、削減した費用をセカンドライフ内での技術力向上や知識向上、また受託事業における価格低減に反映させることができる。
しかしその一方、顧客もセカンドライフにアクセスする必要があり、セカンドライフ初心者企業の同社への発注の敷居が高くなるというというリスクもある。
これに対して同社は、営業パートナーにブロードバンドモバイルPC持参にて直接訪問してもらいセカンドライフにアクセスし、セカンドライフ内弊社スタッフが対応するという分業制を採用するとしている。
このプロセスによって月間数十万円~数百万円のコスト削減が行われることを見込み、また、将来的にこのプロセスが確立された際には、24時間顧客対応や、ノウハウをパッケージ化しコンサルティングするビジネスも開始する予定とのこと。
尚、このコンサルティング営業プロセスは同社の受託開発事業からテスト採用するもので、パートナーとのコラボレーション事業の推進にはこれまでどおり通常の営業活動、顧客訪問活動を行うとしている。
株式会社メタバーズ
http://www.metabirds.com

関連記事

「もっと自由に」メタバーズ島谷直芳氏が語るメタバースの理想形とは。

THE SECOND TIMES 企業紹介
株式会社メタバーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.