ニュース 国内ニュース

ティーカップ、セカンドライフとのリアルタイム通信技術を開発

投稿日:


総合インターネットコミュニティ「teacup.」を運営する株式会社ティーカップ・コミュニケーション(以下ティーカップ)が、携帯電話やPCのブラウザを使用してセカンドライフとリアルタイム通信できる技術を開発した。同技術は、まずティーカップが運営するコミュニティ型チャットサービス「みんなのチャット」とセカンドライフ内にあるリゾートSIM「Japan Resort」との間において本日より使用される。
「みんなのチャット」は、ティーカップが2000年より運営するコミュニティ型チャットサービスで、今回ティーカップが開発した通信技術により、JapanResort内に設置された専用アバターを介してセカンドライフ内の複数のアバターとの同時チャットが可能になった。
これにより、今までセカンドライフにアクセスしたことのないユーザーでも携帯電話やPCのブラウザからリアルタイムでチャットが可能となったので、セカンドライフの雰囲気や情報を簡単に得ることができるようになった。
またティーカップは、この技術をティーカップが運営するレンタル掲示板やレンタルチャット、レンタルショップ、レンタルブログ等にも随時搭載し、既存ユーザー240万人をセカンドライフへ誘導するとしている。
さらに今後の追加機能として、WEBを使った管理者とセカンドライフユーザー間の対話にも応用し、通報等に基づき違反行為者をWEBから排除するBAN機能も装備予定とのこと。
現在ティーカップでは、Japan Resotにて各種違反者情報を収集しており、今回開発した通信技術を用いて違反者があらかじめ顧客のSIMに侵入できないように設定するサービスも開始するとしている。
株式会社ティーカップ・コミュニケーション
http://www.teacup.com/
みんなのチャット
http://chat.teacup.com/
Japan Resortへのテレポートはこちら
http://slurl.com/secondlife/Japan%20Resort/87/130/22/

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.